ホームセンターのコーキング剤で自分で修繕する場合

質問

自宅外壁についての質問です。
建坪35坪の2階建て築14年目。外壁はサイディングです。
つなぎ目のコーキングは経年劣化が著しく、特に南側の日が当たる箇所はいつのまにやら剥離してきました。
雨風、特に風が強い日に雨漏りすることもしょっちゅうです。
またサイディングの一部が膨らんでおり、これが雨漏りの原因ではないか、と専門家から指摘を受けました。
ある業者に見積もりをお願いしたところ、約100万円との提示を受けました。
とてもじゃありませんが、出せそうにない金額です。
ホームセンターなどで売られているコーキング剤を買うなどして、自分で修繕することは可能でしょうか?

解決済み 0
篠原 1年 1 回答 575 PV

回答 ( 1 )

  1. 結論から申し上げますと、見た目を気にしなければご自分でも作業可能です。
    とは言え、専門業者のようにしっかりした足場をご用意していただくことは難しいでしょうから、はしごでの作業となります。
    ただ既存の古いコーキング(シール)をカッター等で撤去した後、養生テープを貼ったりシールを注入してへらでならしたりなどといった作業を一本のはしごで行うのは大変です。
    その都度の工程ごと、一つの作業場所に数回の上り下りの作業となります。
    更に住宅であれば高さ5メートルほどの目地の長さがありますし、それが何本もあってサッシ周りもあります。
    素人の方はまず間違いなく手足や服などがコーキングで汚れることを考慮して行ってください。
    コーキングの注入(打設)は意外と難しく、少なすぎると奥まで届きませんし、逆に多すぎるとへらでならしたときはみ出してしまうので思ったより仕上げが難しいと思います。
    よく塗装の職人さんが兼業してコーキングをすることがあるのですが、シール専門職人の仕事には到底及ばないほど技術に差が出ます。

    もしはみ出したコーキングをそのままにしたと仮定して話をしますが、例えば10年後の塗装を業者にお願いする場合はみ出した部分のシールの除去に余計に手間賃がかかってしまう可能性があります。
    目地内のシールの撤去打ち替えは、通常シール職人の作業範囲内ですが、はみ出したシールの付着力がまだ強固で撤去に手間がかかってしまうことを考えればDIYはあまりお勧めできないかもしれません。
    もし自分で行うとすれば部分的な補修に限定して行うべきだと思います。
    それ以外外壁全面に近い本格的な仕事になる場合は後々のことを考えるとシール職人にお任せしたほうがその時のコストはかかってしまいますがそうしたほうがいいと思います。

    それでも自分やる場合の注意点です。
    まずコーキングは「ノンブリードタイプ」というものを使用してください。
    そして塗装ができないコーキングというものがありますのでシリコンシーラントは絶対使用してはいけません。

    雨漏りに関してのサイディングの反り返りですが、下には防水シートが貼られているため直ちにそこから室内へと雨水の侵入が起こるとは限りません。
    ただ見た目にも湾曲修正をしたほうがいいとは思います。

    ベストアンサー

回答する