築13年目の再塗装

質問

築13年目の住宅です。
屋根のスレートがめくれ、一部が欠けていました。
高圧洗浄すると、めくれ具合が酷くなります。

再塗装を考えていましたが、とても出来る状態ではありません。
メーカーに相談しましたが、「10年を越えていますから」と言われ埒が明きません。
築13年というのは、こんなものなんでしょうか?

解決済み 0
, , YAJIMA 1年 2 回答 465 PV

回答 ( 2 )

  1. この回答は編集されました。

    屋根材メーカーによっては一般的に欠陥品といわれているものもありますが、アスベスト入りとそうでないものでもスレートの強度が違うようです。

    築13年のスレート屋根がすべてめくれるものであったり欠損しているということであればそれも違います。

    欠陥品かどうか確実で断定的なことは言えませんが、過去の経験から耐久性が低いと思われるもので代表的なものはパミールというスレート屋根材です。

    「10年を越えていますから」というからには、恐らくハウスメーカーでも耐久性がよくない屋根材を使用してしまったということは認識していると思います。

    これが補修程度で済む処置なら、保証期間が過ぎたとしても修理の提案をしてくれるはずです。

    ですが、もし保証年数を理由に一言で断られてしまったとすれば、根本的な対応しか選択肢がないためにメーカー側からも提案しにくい側面があるように思われます。

    そして今後の対策ですが、本当は塗装より屋根の張り替えかカバー工法がいいと思います。

     

    ただ屋根塗装を根本から否定するのではなくて、どうしても予算的に無理という場合には、現場をよく業者さんに見てもらい塗装で施工するという方向での相談余地は残されていると思います。

    ベストアンサー
  2. この回答は編集されました。

    屋根自体に問題があるとうすうす感じてはいましたが、塗装で済むと思っていたので少しショックも大きいです。

    うちだけの問題でもないとも知って意外でした。

    塗装以外の工事で考えてみます。

    ありがとうございました。

     

     

     

回答する